個人よりも不動産投資に熱狂しているのが海外や年金のマネーだ。だが、「異次元緩和」に依存した市場は、バブル誘発の懸念もつきまとう。いずれは人口も世帯数も減る日本。これが最後の宴となる懸念は捨てきれない。