福島第1原発20km圏内最後の警戒区域が解除された。だが、インフラの復旧は進まず、事業再開も限定的にとどまる。先の見えない復興への道のりに、被災地の苦難は続く。