究極の安全と利便性を求め、世界中で自動運転技術の開発競争が起きている。だが、技術の完成度を高めるだけでは普及は望めない。