競争激化で業績不振に陥るスーパーが多い中、最高益の更新を続ける。「価格訴求」や「中央集権」といった業界の常識を否定して進化を加速。日本の「失われた20年」を成長機会に変えたトップが経営論を語る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り8080文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題