金融機関が次々と潰れ、残った会社も売却や合併を繰り返す。そんな逆境の中、1998年に富国生命保険の社長に就任しました。それから12年後にバトンを次に託し、気がつけば今も1社で荒波の中を生き抜いています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1251文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。