金融機関が次々と潰れ、残った会社も売却や合併を繰り返す。そんな逆境の中、1998年に富国生命保険の社長に就任しました。それから12年後にバトンを次に託し、気がつけば今も1社で荒波の中を生き抜いています。