店ごとに全く異なり、日々変化する売り場。朝、昼、夜で陳列品が異なる棚――。死に筋を含め、圧倒的な品揃えで競合店との違いを打ち出し、それらを日々入れ替える。変わり続ける「未完成」の売り場や品揃え、その特徴を生かした接客が顧客を魅了する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り479文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 流通新勢力」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。