店ごとに全く異なり、日々変化する売り場。朝、昼、夜で陳列品が異なる棚――。死に筋を含め、圧倒的な品揃えで競合店との違いを打ち出し、それらを日々入れ替える。変わり続ける「未完成」の売り場や品揃え、その特徴を生かした接客が顧客を魅了する。