米ミリアドは遺伝子特許を取得したことで乳ガン、卵巣ガンの遺伝子検査を独占している。そのため検査は高額になり、救える命が危険にさらされ、自由な研究も阻まれる事態にある。果たして遺伝子に対して特許は認められてよいのか、近く出る米最高裁の判決に注目だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4701文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2013年6月3日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。