新鋭機ボーイング787の電源から発煙、発火が相次ぎ世界中で運航停止に。バッテリー内部で異常な過熱状態が連鎖的に広がることを十分に想定していなかった。改良を施し、5月26日に全日空が、6月1日に日航が営業を再開した。絶対安全と断言する。