日本の改革も、労働市場の制度作り直しからだ。国内投資を増やし、企業競争力をつけて輸出と仕事を増やす。税制や予算策定の仕組みの抜本改革も欠かせない。