衰退した産業や企業からヒトをどう動かすか――。財政再建と経済成長の両立を進める中で現実的に最も難しいのは、恐らくこの点だろう。