「3K職場をなくす」を掲げ、産業用ロボット事業で世界1、2位を争う企業になった。今、誰もが使いやすい新しいロボットの開発で、モノ作りに火をつけたいという。市場や領域を広げながら、人とロボットとの協奏を探る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5954文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題