食の安全問題が頻発する中国で今春、飲料大手が売る飲用水の品質を巡り騒動が勃発。背景には中央と地方政府の品質基準が異なり、その設定に企業も絡むという問題がある。最大の問題は、監督機関が怠慢にもこの事態を看過し続けていることだという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4189文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2013年5月27日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。