拡大路線を走ってきた大手商社が「資産リストラ」に動き出した。中期経営計画では資源市況の低迷などを受け、食糧や機械などに活路を見いだす。各社が独自色を競う中、成長投資と健全な財務の両立が課題になる。