相続への関心が高まり、遺言の作成件数が増えている。バブル崩壊以降、現役世代の給与や保有資産価値が減少。金融資産を多く持つ60歳以上の親世代が頼みの綱となる。