液晶の次の本命、有機ELディスプレー向けの新たな発光材料が登場。課題だった電力消費の多さやコスト高を解決、本格普及の起爆剤になる可能性も。韓国企業の後塵を拝していた日本企業にとって、巻き返しの大きな武器になる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3539文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題