液晶の次の本命、有機ELディスプレー向けの新たな発光材料が登場。課題だった電力消費の多さやコスト高を解決、本格普及の起爆剤になる可能性も。韓国企業の後塵を拝していた日本企業にとって、巻き返しの大きな武器になる。