このところ喧(かまびす)しい解雇規制や雇用流動化を巡る論議。安倍晋三政権は少なくとも参院選まではこのデリケートな話題を回避したい腹のようですが、今後の日本の成長を考えると、避けては通れない命題だと思います。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り659文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。