このところ喧(かまびす)しい解雇規制や雇用流動化を巡る論議。安倍晋三政権は少なくとも参院選まではこのデリケートな話題を回避したい腹のようですが、今後の日本の成長を考えると、避けては通れない命題だと思います。