これまで日本企業にとって大きな武器だった日本型雇用が弱みに転じ、苦しんでいるのは長く勤めながらも辞めざるを得なくなった社員だけでない。企業の経営者も苦悩している。日本型雇用の良さを残しながら、雇用の流動化という命題を実現するにはどうすればいいのか。