政府の産業競争力会議で議論され、大きな話題となった解雇規制の緩和。だが、単純に解雇をしやすくするだけでは、問題の解決にはつながらない。人材流動化時代を切り開くためには、企業も個人もすべきことがある。