日本を代表する電機メーカー、パナソニックとシャープ。業績悪化に伴い多くの人が早期退職制度を活用し会社を去っていった。日本型雇用の象徴とも言える両社を飛び出した人の軌跡を追った。