業績回復のメドが立たず、追い詰められた東京電力が異例の人事を発令した。成長戦略を担う組織トップに、左遷状態にあったグループ会社副社長の清水俊彦氏を起用。得意の情報通信技術を生かして新市場を開拓。再生への原動力にする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2956文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2013年5月20日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。