今や全国で知られている三毛猫の「たま駅長」。和歌山電鉄貴志川線の再生のシンボルとなった彼女に出会ったのは2006年4月1日、南海電気鉄道から事業を引き継ぎ、和歌山電鉄を開業したまさにその日のことでした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1250文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。