アジアの素材市況が総じて振るわない。家電や建材向けの熱延コイルは直近ピークから1割ほど下落。日中の消費や投資が盛り上がりに欠ける様子をうかがわせる。