通信品質で不評をかこったソフトバンクが「つながりやすさ」をアピール。プラチナバンド認可や大規模な設備投資が功を奏し始めただけではない。ビッグデータを活用、通信の空白地帯をこまめに埋める地道な作業の成果だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3006文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題