国境を越えた経済活動による、税源の“侵食”が止まらない。電子コンテンツやグローバル企業に対する課税に、日本をはじめ各国が苦慮する。一方で、拠点の最適化などで実効税率を下げようとする企業の動きも進んでいる。