2011年のオリンパス事件を契機に再び注目され、問われ続けている企業統治のあり方。しかし抜本的な強化策は実現しないまま、その後も企業の不祥事は起き続けている。どうすべきなのか。欧州の企業統治研究の第一人者に、強化策のポイントを聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3931文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題