1人当たりのGDP(国内総生産)が1000ドルを突破するとスーパーなどの「モダントレード(近代小売業態)」が普及すると言われている。2012年時点でベトナム(1528ドル)とラオス(1446ドル)はこの目安を超えているが、カンボジア(934ドル)とミャンマー(835ドル)は下回っている。