製造業の中で最も労働集約的なアパレル業界では、2000年代から「脱中国」の動きが顕在化している。衣料品は生地とミシンがあればすぐに生産に取りかかれるので、電力インフラがまだ十分に整っていない最貧途上国でも工場を設置できる。