世界の製造業でメコンシフトが静かに、そして着実に進行している。中国は、安価な労働力を武器に「世界の工場」となった。だが、事業環境の悪化が積み重なり、工場の「脱中国」が止まらない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り7276文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年5月13日号 28~33ページより

この記事はシリーズ「特集 メコン 2020年、新「世界の工場」へ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。