金融危機以降、欧米が緊縮財政を進める根拠となってきた学説に誤りがあることが発覚。欧州では経済回復への兆しは見えず、緊縮疲れが広がるだけに、大論争を巻き起こした。高失業率にあっても緊縮策を続けるべきなのか、先進各国は対応を迫られている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4598文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2013年5月13日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。