金融危機以降、欧米が緊縮財政を進める根拠となってきた学説に誤りがあることが発覚。欧州では経済回復への兆しは見えず、緊縮疲れが広がるだけに、大論争を巻き起こした。高失業率にあっても緊縮策を続けるべきなのか、先進各国は対応を迫られている。