米国の金融緩和政策は、実体経済の改善よりも金融市場のバブル形成を促している。引き締めを急げば経済回復の足を引っ張るが、急がないとバブルを悪化させる。このジレンマから逃れるべく、FRBは金融規制に期待するが、限界がありそうだ。