2011年3月11日に発生した東京電力福島第1原子力発電所大事故以降、エネルギー政策の方途を巡って政財官界や知識層で議論が続いている。