北朝鮮による再三の核恫喝によって、韓国は「米中二股外交」を唱え始めた。「手間ばかりかかる朝鮮半島に米国はいつまでとどまるのか」──。韓国政治研究の第一人者、神戸大学大学院教授の木村幹氏と日本経済新聞社編集委員の鈴置高史氏が、日本、米国にとって鬼門である朝鮮半島の未来を読んだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6129文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題