失敗が即、国民負担となる官民ファンドのトップに就任して4年。昨年末には不振に陥った半導体大手への出資を決め、一気に注目度を高めた。じっくりと腰を据えて、中長期のリスクマネーを供給する。