失敗が即、国民負担となる官民ファンドのトップに就任して4年。昨年末には不振に陥った半導体大手への出資を決め、一気に注目度を高めた。じっくりと腰を据えて、中長期のリスクマネーを供給する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6094文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題