今回はコーヒーにまつわる“苦い”話を2つ紹介したい。昨年の春、東京に出張した時のことだ。外出先で急遽電子ファイルを受信しなければならなくなり、目の前のスターバックスコーヒーに飛び込んだ。