インターネットを利用した選挙運動の解禁が決まった。夏の参院選を前に、新しいITサービスが続々と生まれている。選挙というPR舞台を活用し、持続的なサービスに根づくかどうか。