黒田緩和を受け、脱デフレへの期待が高まりつつある。これから本格化するインフラの更新需要が下支え役だ。一段の円安も視野に入り、2年ほどで脱デフレの条件が出揃う。