昨年、2つの化学メーカーが、大規模な爆発事故を起こした。1社は事態が収束していったが、もう1社はメディアと世論の強い批判を浴びる。「事故」と「事件」を分けたものは、企業トップと広報の対応の違いだった。