前回の調査で「0点社長」のリストに名を連ねたものの、その後、発信を始めた社長がいる。