アベノミクスも、黒田東彦・日銀総裁による異常なる資金供給も、すべり出しは上々である。今は、株価にしても経済活動にしても、その水準を目いっぱいに高めておきたい。それが将来の下げ要因に対し、大きなバッファーとなってくれる。