本書は、いわゆる純粋な経営学の本ではない。C・M・クリステンセン氏は、職業人として多大な功績を収めながらも不幸な人生を歩む知人が多くいることに気がついた。自らが父を亡くした原因となった病気にかかったことも影響し、本書を執筆したという。幸せな人生を送るための手引き、というのが本書の内容を示す適切な言葉だろう。