戦後、経済の停滞にあえぐ英国を立て直したサッチャー元首相が87歳で死去した。「質素倹約」と「自己責任・自助努力」を尊び、競争と市場原理を導入し経済活性化を図った。市場経済の可能性を欧州に示したことは功績だが、欧州統合の限界も知っていたようだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3418文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2013年4月22日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。