地方の生産者は精魂込めて作物を育てているが、どの消費地でどんな作物が人気なのかは分かりにくい。一方、食材にこだわる飲食店の経営者や料理人でも、少量しか出回らない、地方独自開発の作物や加工品にまではなかなか目が届かない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2289文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「道の駅」が地方を救う」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。