地方の生産者は精魂込めて作物を育てているが、どの消費地でどんな作物が人気なのかは分かりにくい。一方、食材にこだわる飲食店の経営者や料理人でも、少量しか出回らない、地方独自開発の作物や加工品にまではなかなか目が届かない。