全国に1000カ所もの“店舗”を抱え、来訪者数は年間延べ5億人以上。地方都市に大型SC(ショッピングセンター)を設けるイオンや、国内に約1万5000もの店舗を構える「セブンイレブン」さえも立地しないような過疎地への出店がほとんどながら、合計3500億円もの売上高を誇る流通業がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4836文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年4月22日号 26~29ページより

この記事はシリーズ「特集 「道の駅」が地方を救う」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。