高野山真言宗の宗会で事務方トップの不信任案が可決された。資金運用の多額損失を粉飾したと議会で追及されたためだ。だが庄野氏は、「金融問題を利用したクーデター」と説明する。