黒田東彦総裁率いる日銀が断行する「量的・質的金融緩和」。国債購入の積極姿勢は「財政ファイナンス」を彷彿させる。次に求められるのは財政規律の厳格化という政府の覚悟だ。