「ブラック企業」と呼ばれる方が、やる気満々でタフな人を採用できるのではないか。特集の趣旨とは反しますが、そんなことを考えました。