ブラックとの濡れ衣を着ないために大切なのは、若い世代との接し方だ。圧迫面接など、悪い噂を広める行為を自ら実践している企業も少なくない。若手にかける言葉の工夫だけでも、職場のブラック化を抑制する効果はある。