ネットの“ブラック企業情報”が、想像以上の打撃を企業に与え始めている。事態を放置すれば、人材確保や社会的信用まで揺らぐ時代となってきた。形のうえだけ労働環境を見直しても、悪い噂を封じ込めることはできない。