イノベーションが雇用を奪うことを論じた『機械との競争』が日本でも話題に。米国で深刻化した失業問題の根本には、急速なデジタル技術の進化があると分析。生産性が高まる一方、雇用が伸びない「大デカップリング」はあと数十年続くと予想する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3317文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2013年4月15日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。