イノベーションが雇用を奪うことを論じた『機械との競争』が日本でも話題に。米国で深刻化した失業問題の根本には、急速なデジタル技術の進化があると分析。生産性が高まる一方、雇用が伸びない「大デカップリング」はあと数十年続くと予想する。