化粧品各社がメークの時間を短縮する「時短化粧品」を投入。お手軽さが受けて、ヒット商品が次々と生まれている。ただ、長期的にはメーカーの苦境を招く事態にもなりそうだ。